1. TOP
  2. 未分類
  3. アンチEV(BEV)は充電時間が長いことを問題にするというが…。

アンチEV(BEV)は充電時間が長いことを問題にするというが…。

 2022/09/06 未分類
この記事は約 5 分で読めます。 84 Views

最近たまたま流れてきた記事の中にアンチEVは充電時間が長いことを理由にしてEVを否定するというが…。これはものすごく重要なことだと思うのですが僕だけでしょうか…。

BEVは全く否定もしないし、新しい形の自動車として乗ってみたいという気持ちもあります。

でも充電時間がかかるというデメリットは車に乗るものとしてはめちゃくちゃ大きいです。大きすぎます。

普段走ってる距離は少ないんだし、たまにの長距離ぐらいだったら30分の充電も苦痛じゃないのか

車は普段は通勤で使ったり買い物で使ったりすることが多いと思います。住んでいる場所とか環境によって違うでしょうが、国土交通省の調査では平均年間10,575km。1日にしたら約29kmです。

これぐらいの距離だったらBEVで十分用事を済ませることができるし、いちいち給油をしにいかなくてもいいし、ガソリン代よりも電気代が安いし、エンジンオイルの交換の必要はないし、いいことばっかりです。

普段遣いだったらEVは便利がすごくいいんですよね。それはよくわかります。

ただいざ長距離を走るということになったら勝手は変わってきます。電気がなくなれば充電スタンドによって充電しないとだめですけど、急速充電で30分・80%…。これやっぱり不便ですよね。

一度の満充電でどれぐらい走ることができるのか見てみると…。

  • 日産リーフ:458km
  • 日産アリア:610km
  • 日産サクラ:180km
  • ホンダe:283km
  • テスラmodel3:580km

メーカーが出している走行距離なので、実際は乗り方とか走る道によってこの走行距離以下になることが多いと思います。

アリアとかテスラのmodel3ぐらいの走行距離走ってくれれば、かなりの遠出ではない限り1回~2回充電すればなんとかなる感じもしますけど。

どの車も必ず80%まで充電できるわけではない

30分かけて充電すれば最長航続距離の80%までは走ることができるといいますが、急速充電器の性能にも左右されますよね。

航続距離が長いということは容量の大きいバッテリーを積んでいるということになり、充電設備の性能によって充電される容量が全然変わってくるということです。

例えば高速道路に設置してある急速充電器でも40kwのものもあれば90kwのものもあります。

バッテリーの容量が少なければ急速充電の出力が低くても30分で80%充電は可能なのかもしれませんが、バッテリー容量の大きい車種だと30分だと80%までは充電できないということも起こります。

バッテリーの容量が大きいものに載っている場合は急速充電の性能も調べて置かないとだめですね。

ギリギリまで充電しないわけにはいかないだろうし…。

航続距離が500km超えってなってても実際は少し電費は悪くなるでしょうし、また全部放電してから充電をするわけにもいかないでしょうから、適当にバッテリーが減ったら充電をしないとだめですよね。

結局最初は100%でもその後は20%~80%のバッテリーで車を動かすことになれば、航続距離が500kmでもそこからリアルな電費は下がり、安心して乗るバッテリーの状態を考えたらめっちゃ航続距離が長いとは思えないんですよ。

ガソリンだったらガソリンギリギリでも5分給油すればマックスの距離を走ることができますけど、EVは30分充電しても次の充電ポイントを確認する必要がありますもんね。

30分の急速充電を繰り返すことになったら正直疲れてしまう

運転のスタイルによってこれは違うと思いますが、僕は高速道路のSAとかPAで30分も過ごしません。ご飯を食べることもほぼありません。

トイレ休憩と飲み物を買ったりちょっと買い物をする程度。10分ほどとまって次に行くスタイルなので、30分も強制的に充電しないと駄目になるとちょっと疲れます。

そこでやりたくないことをやらざるを得なくなるというのはやっぱり苦痛です。それに旅先でゆっくりとしたいから途中はなるべく早くって思ってても充電で足止めされるのはしんどいです。

すごく計画的にドライブする人ならいいのかもしれませんが、アバウトで走りたい僕にとってはやっぱり面倒でしかないですね。

EVは全く否定はしないし、乗ってみたいと思うけど生活スタイルに合わせて買うほうがいいよね

BEVは使い方によってはガソリン車よりも便利が良いし、長距離の運転をするときも上手に旅の計画と充電の計画を立てつつ走ることができれば時間を上手に使って旅が楽しめるんだと思います。

でも、BEVがただECOだからとかガソリン代よりも安くつくとかで選択すると自分のライフスタイルに合わず嫌になるかもしれません。

買い物・通勤で使うだけ、家で充電して事足りる距離を走るならBEVのメリットは大きいですし、ロングドライブもたまになら計画的に乗れば楽しめます。

ただ…。

僕の運転スタイルは遠出をすることが多く1回の走行距離が多いのでBEVは向いてません。

それにせっかちなので充電時間を何かして楽しむことは面倒ですし、充電スポットを事前に見つけておいて決めたとおりにドライブするのもあまり好きではありません。

やっぱり充電に時間がかかるというのはかなりネックなんですよね。

どんなEVでもガソリンを使う車のように5分以内でフル充電だったらEV買うと思いますけど。

ガソリン車を使う車にはガソリンを使う車の乗り方があるし、BEVにはBEVの乗り方があるからどっちがいいではなくて、どっちのほうが自分の生活スタイルに合うかが大切ですよね。

\ SNSでシェアしよう! /

ケンイチの車庫@オデッセイハイブリッドが好きだ!の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ケンイチの車庫@オデッセイハイブリッドが好きだ!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ケンイチ

ケンイチ

オデッセイハイブリッドを絶対に買うと決めたケンイチがオデッセイハイブリッドの情報を集め遂にオデッセイハイブリッドオーナーになりました!さらにS660モデューロXも購入。オデッセイハイブリッドやS660カー用品、その他自動車のことやケンイチのことを発信していきます!

この人が書いた記事  記事一覧

  • ネオトーキョーミラーカム2にミラーカムRから買い替える価値はあったのか

  • ネオトーキョーで購入したミラーカム2用のproパワーケーブルV3の到着が遅延した。

  • アンチEV(BEV)は充電時間が長いことを問題にするというが…。

  • 職場の人が中古車購入。手持ちの車を下取りに出す前に少しでも高く売るために提案したこと。

関連記事

  • ネオトーキョーミラーカム故障…。でも対応は神。本当にちゃんとしてくれる

  • オデッセイハイブリッドが2017年11月にマイナーチェンジ

  • 新型オデッセイハイブリッドどのグレードを買う?

  • 車で音楽を聞く時にスマホが必需品。ナビのHDDに音楽入れるのも面倒になった。

  • ハイブリッドミニバンだけど燃費が悪い車を知るとオデッセイハイブリッドの良さがわかる

  • オデッセイはフル乗車をしても1泊分の荷物を積める